出会い系をよく利用してました

結婚前は出会い系をよく利用してました。そこで知り合ったマユちゃんの話。マユは茨城県から友達と上京し、新宿で友達と2人暮らしをしてる子でした。メールでやりとりしてる時から積極的で、オモチャでオナニーしてる時に報告してきたり、いつ会えるのかばかり聞いてきました。当時、有難い事に忙しくさせて頂いてた私に時間の余裕が出来たのは年末。だからぼんくらなわたしは出会い系サイトに入り浸り、女の子に出会おうと必死になりました。課金すること30万ついに一通のメールが来ました。「うちに来て欲しい」とのこと。中高年出会い Yahoo!知恵袋が中高年の方に人気です。

セフレ掲示板を使う

セフレ掲示板を使う理由というのは色々あるかと思いますが、大体2つのパターンにわかれます。一つは話し相手が欲しいというのと、セックスがしたいの2パターンです。お金が欲しいという事もありますが、あえて今回は除外しておきます。最近は出会いの場が色々と分かれてきており、SNSもありますしアプリでも出会い系の様な事ができます。現実に出会いの場がないとは言えませんが、会社内で好きな人が出来ても、あまりかかわりのない部署の人なら良いのですが、毎日顔を合わせる人を好きになってしまったら大変ですね。安全にセフレが欲しいと思っているのなら中高年出会い Yahoo!知恵袋が参考になるでしょう。

セフレ目的

当然ながら大人向けのサイトは男女二人きりのアダルトサイトになっています。やはりというか、ビデオデッキの普及の要因と同じようにアダルト関係のライブチャットが初めは多かったようですが、最近はノンアダルトのライブチャットも増えてきているようです。アダルトのライブチャットというものは、料金も発生しますので20年程前に流行ったダイヤルQ2やツーショットダイヤルのインターネットでの進化版と考えれば判りやすいかもしれません。こういうサイトを利用する男性はほぼセフレを求めていると言っても過言ではありません。逆に女性はお金が欲しくて援助交際を希望している場合が多いです。

リアルな出会い

今は、リアルに現実に向き合って恋愛をする人が減ってるという。つまり、21世紀は恋愛の不毛の時代です。80年代や70年代は文学も流行してて、音楽に合わせて命懸けの恋愛をしていた人が多いと思います。今は大変便利な時代。出逢いも探さなくても、こうしてネット上で出逢い恋愛?出会い系は、出会えない系とも、言うかもしれないけど…。5・6年前に、よく出会い系を利用してたことがあります。サイトにもよりますが、援助(¥)の出会いでは、コツをつかめば、かなりの確率で、会えます。でも恋人とかセフレ相手募集では、相当ないい男やお金持ち以外は、まず会えません。そういうことを、知ってる俺が、また、最近よく見ています。

出会い系サイトがきっかけ

実際、出会い系サイトで、女性と会ったことがある男性の話を聞くと、それがきっかけで付き合ったり、そういう関係になったりすることもあるようです。ただ、それは成功パターン。実際に会ってみると、写真とのギャップがすごかった、一度あっただけで一切連絡をとらなくなった、という話もききます。男性のほとんどは、Hが目的で出会い系サイトを利用している、または本当に女性との出会いや経験がなく、女性に対して強い憧れをもっている利用者ばかり。一方、女性のほうは、キャバ嬢やデリヘル嬢などの「お客さん目的、お金目的」であるか、彼氏がほしいとゆう欲求が強いもてない女の子、遊びたい人妻のいずれかが多いというイメージが非常に強いです。この求めるもののギャップの中で、本当の「出会い」が多く生まれているのも事実です。利用者は、こういったことを含めて、相手を見極め、悲しい結果にならないよう利用していくべきではないでしょうか。